大村 紀子

PhD. Student

​Noriko Omura

E-mail: y144041 at toyaku.ac.jp

略歴(千葉県立長生高等学校出身)

2020年3月 東京薬科大学医療衛生薬学科卒業(薬品化学、林良雄教授)

2020年4月 東京薬科大学大学院薬学研究科薬学専攻博士課程入学(薬品化学、林良雄教授)

2021年4月〜2024年3月 日本学術振興会 特別研究員DC1

所属学会

日本薬学会、日本ペプチド学会、日本ケミカルバイオロジー学会

 

受賞等

  1. 2017年 第49回若手ペプチド夏の勉強会 優秀ポスター賞  

  2. 2018年 第62回日本薬学会関東支部大会 優秀口頭発表賞 

  3. 2019年 平成30年度東京薬科大学学部学生研究奨励賞  

  4. 2019年Japanese Peptide Society Travel Award (26th American Peptide Symposium / 11th International Peptide Symposium)

  5. 2019年 第56回ペプチド討論会ポスター賞(Award for Excellence at Poster Presentation, Annual Meeting of JPS) 

  6. 2020年 令和2年度東京薬科大学学部学生研究奨励賞

  7. 2021年 第58回ペプチド討論会ポスター賞(Award for Excellence at Poster Presentation, Annual Meeting of JPS) 

  8. 2022年 Dr.Bert and Dr.Elizabeth Schram Award (2nd Prize in the Best Young Investigator Poster Competition, 36th European Peptide Symposium/12th International Peptide Symposium)

 

発表論文

  1. Hamada, K.‡, Omura, N.‡, Taguchi, A., Baradaran-Heravi, A., Kotake, M., Arai, M., Takayama, K., Taniguchi, A., Roberge, M., and Hayashi, Y., New Negamycin-based Potent Readthrough Derivative Effective against TGA-type Nonsense Mutations., ACS Med. Chem. Lett., ACS publication, Vol.10, No.10, pp.1450-1456, 2019, (‡These authors contributed equally to this work)

  2. Hamada, K., Naito, A., Hamaguchi, Y., Kanesaki, Y., Kasahara, K., Taguchi, A., Omura, N., Hayashi, Y., and Usui, T., Ubr1p-Cup9p-Ptr2p pathway involves in the sensitivity to readthrough compounds negamycin derivatives in budding yeast., Biosci., Biotech., Biochem., Taylor & Francis, Vol.83, No.10, pp.1889-1892, 2019.

特許等

林良雄、田口晃弘、大村紀子、乃村俊史、周東智、桑原智希、中久木正則、櫻田勲、「ネガマイシン誘導体」、特願2020-61272、PCT/JP2021/012992、WO2021/200694

図1.jpg