マイオスタチン阻害ペプチドを用いた筋ジストロフィー治療薬の開発

マイオスタチンは潜在型マイオスタチン複合体から放出されて、筋細胞上の受容体に作用することで、筋細胞の増殖を抑制します(図1)。よって、マイオスタチンの阻害は筋肉量を増大する結果となり、筋ジストロフィー等の筋萎縮性疾患の治療法につながります。

当研究室では、潜在型マイオスタチン複合体の構造中で、マイオスタチンと相互作用しているアミノ酸配列に注目し、マイオスタチン結合性ペプチドを見出しました(図1)。

スライド1.tiff

図1

マイオスタチン結合性ペプチドにオン/オフスイッチ型光酸素化触媒を付加することで、マイオスタチンを選択的に光酸素化する機能化ペプチドを創製しました(図2)。本機能化ペプチドは、酸素化によってマイオスタチンの活性を強力に抑制することが可能です。

このような光を用いたタンパク質不活性化法の開発研究を展開しています。

スライド2.tiff

図2